硬度9H、10Hの「H」って何? どれぐらい硬いの?

こんにちは、担当の永芳です。

ナインカラットでは、硬度9Hが一般的とされるガラスコーティングの中でも業界最高の10Hの硬度をご提供しています。

という文言だけ読んでも、正直あんまりピンとこないなって方いませんか。

今回の記事では、

「硬度○Hって何?」

「結局どれぐらい硬いの?」

という疑問についてまとめてみました!

皆様の参考になれば幸いです。

コーティングの硬度のはかりかた

JISってご存知ですか。いろんな商品の裏に書いてあるJISマークのアレです。

正式名称は日本産業規格(Japanese Industrial Standards)と言って、いろんな工業製品の互換性や安全性なんかを定めている国家規格です。

その中のひとつ、塗料に関する項目の中に、「引っかき硬度(鉛筆法)」というものがあります。
(参照:日本産業標準調査会(JISC)様)

鉛筆法の名前のとおり、いろんな硬さの鉛筆を使った試験方法です。

鉛筆硬度試験機なるものを利用し、規定の削り方をした鉛筆を規定の角度で塗料に当てて、規定の圧力で引っかいた時にキズが付くかどうかを判断します。
(参照:オールグッド株式会社様)

つまり、硬度10Hというのは

「10Hの鉛筆で引っかいても傷がつかないくらい硬いよ」

ということを表しているのです。

硬度のHは鉛筆のH

そもそも鉛筆のおしりに書いてある「H(ハード)」だの「B(ブラック)」だのは、鉛筆の硬さを示すものです。
(引用:三菱鉛筆株式会社様)

Bの前についている数字が大きいほど柔らかいので色が濃くなり

Hの前についている数字が大きいほど硬いので色が薄くなります

よく聞くHBは中間の硬さで、HとHBの間に「F(ファーム)」というのもあるそうです。

ちなみに担当は筆圧弱めなのでBの芯を愛用しています。どうでもいいか。

結局どれくらい硬いの?

個人的に一番分かりやすかったのは、鉱物の硬さを示すモース硬度との比較です。
(引用:一般社団法人日本コーティング協会様)

鉛筆法の基準として記載されている最高の硬度の9Hは、モース硬度の5に相当する硬さ。

モース硬度5以下の代表例を挙げてみます。

  • パラジウム(4.8)※プラチナや金の指輪に混ぜ物として入ってる金属です
  • 鉄(4~5)
  • プラチナ(4.3)
  • 銅(4)
  • 銀(2.5~4)
  • 大理石(3~4)
  • 金(2.5~3)
  • 人間の爪(2~2.5)
  • アルミニウム(2~2.9)

このラインナップで傷つかないということは、金属の指輪や硬貨が擦れてもよっぽど平気ということ。

日常生活で硬貨より硬い物なんて、よっぽど持ち歩くことはないですよね。

※ちなみに歯のエナメル質はモース硬度7~8はあるそうです。思いっきり噛めばさすがに傷付いちゃうようです。

まとめ

  • Hは引っかき硬度試験で使用する鉛筆の硬さ!
  • 9Hのガラスコーティングは、指輪や硬貨で擦れても傷付かない!

ちなみに、冒頭でも申し上げましたとおり、

ナインカラットは業界最高の10Hの硬度のガラスコーティングをご提供しています。

ご自身のスマートフォンにガラスコーティングをお試しいただく判断材料になれば幸いです。

ご予約はこちらからどうぞ!!

※引用元URL(敬称略)
日本産業標準調査会(JISC)(https://www.jisc.go.jp/index.html
三菱鉛筆株式会社(https://www.mpuni.co.jp/customer/pencil/qa_05.html
オールグッド株式会社(https://www.allgood.co.jp/products/pencil_hardness-tester/
一般社団法人日本コーティング協会(https://www.coating.or.jp/coatingkoudo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です