ガラスフィルムもコーティングもなし!10カ月ノーガードでスマホを使ってみた結果

こんにちは、担当の永芳です。

私の愛機、iPhoneSE第2世代なのですが、実はガラスコーティングを施しておりません。

画面保護のガラスフィルムも苦手なので貼付していません。

背面だけ100均のTPU素材のソフトケースを使ってます。

購入してから10カ月間そんな状況なので、当然ながら画面が結構傷だらけ

せっかくなので「何もしないとこうなるぜ」という実例としてご紹介しようと思います。

  • スマホケースが煩わしすぎる
  • 別に落とさなきゃ大丈夫でしょ
  • フィルムやガラスコーティングがなくても案外大丈夫じゃない?

と思っている皆様。

反面教師として、参考にしていただければ幸いです。

そもそもガラスコーティング屋なのになんでやねん、と当然お思いでしょうが、理由は後程ご説明いたしますね。

早速現状をご覧ください

こちらが私の愛機、iPhoneSE第2世代です。

液晶上に白く光って見える部分、これはホコリじゃありません。液晶に付いた傷です。

ご覧の通り、明らかに液晶が削れている箇所が随所に見られます。

光を当てると、それ以外にも細かな擦り傷が出来ているのが分かりますよね。

強調して写真を撮っているわけでも、加工しているわけでもありません。

というか、写真で写りにくい傷なんかもあるので現物はもっとヒドイです。

ふとした瞬間に傾けると傷がキラキラ光って、なんだか切なくなります。

子育てするとスマホが傷つく

風が吹くと桶屋が儲かるみたいな語呂ですね。どうでもいいな。

担当にはもうすぐ2歳になる娘がいるので、頻繁に公園に行って砂場で遊ばせています。

スコップでバケツに砂をザラザラ入れてみたり、お山を作っては崩してみたり。

娘が一生懸命遊んでいる様が可愛らしくて、ついスマホで撮影するんですよね。

そう、砂場の砂が指に付いた状態で液晶触ってるんですよ、そりゃ傷付くわけです。

そうでなくても、

  • すべり台の補助しようとして落とす
  • ブランコ一緒に乗ってて落とす
  • ただ一緒に走り回るだけで落とす

なんて具合に、割れはしないけど傷は付く、という塩梅の事故が多発しています。

外遊びに付き合わなくても、娘がスマホ投げたり噛んだりして遊んでることがあったりします。

本当に、本当に油断ならない。

世の親御さんがた、お互いおつかれさまです。

かといってガラスフィルムは貼りたくない

画面保護フィルムに対する苛立ちはトップページのこちらで語ったので良いとして。

子育て中の身としては、貼りたくない理由がもう二つほどあります。

フィルム剥がされるから貼っても無駄

うちの子だけではないと思いますが、剥がせるものは片っ端から剥がしていくんですよね。

お店のポスターの剥がれを見かけたらめくってみたくなるし、スーパーの商品に値引きシールが貼ってあったら取ってみたくなる。

気持ちは分からんでもないですが、スマホのガラスフィルムでやられたらたまりません。

安くたって1000円程度、それを何度もやられたら出費がとんでもないことになります。

貼り直したらきっと気泡だらけになっちゃいますし。

割れたガラスフィルムの破片が口に入る危険性

小児科の先生のツイートが話題になってましたね。こないだちょこっと記事書きました。

ガラスフィルムの端っこが欠けちゃった程度だと、あんまり買い替える気にはなりません。

しかし細かい破片だったとしてもガラスはガラス。

気付かず舐めて唇を切っちゃう可能性は高いです。

うっかり飲み込んで、胃や腸まで傷が出来たらと考えると恐ろしい。

柔らかいフィルムも、剥がして口に入れちゃう可能性も十二分にありますね。

こんなことになる前にガラスコーティング!

傷が付きにくくなるし、剥がれる心配も欠ける心配もなくなるガラスコーティング。

我が家のような子育て家庭にはもちろんオススメなのですが、

  • 営業や外での打ち合わせなどで使用するスマホやタブレット
  • お子さんが外に持ってって遊ぶSwitch等のゲーム機
  • アウトドア趣味のかたのスマホやタブレット、サングラス
  • 案外いろんなところで擦れている腕時計

このあたりも傷だらけになりやすい部分かと思います。

もし興味がありましたら、こちらから予約してみてくださいね!

何で担当はコーティングしてないの?

このスマホを購入したのが、2020年10月。

スマホ用ガラスコーティングの技術を知ったのが2021年2月。

スマホ購入時からフィルムは貼ってないので、もう2月の時点で傷だらけです。

傷だらけでもコーティングすべきか悩みましたが、ナインカラットの10Hガラスコーティングは厚さが極端に薄いのです。

操作性の点では薄けりゃ薄いほどスイスイ動くのでいいのですが、傷が埋まる仕様ではありませんので、傷の上にコーティング剤を塗っても傷のまま……。

そのため、次の機種変更のタイミングを虎視眈々と狙っているのです。

結果として反面教師的な教材になれたので、ガラスコーティング業者としてはこれでよかったとは思うのですが、やっぱりツヤツヤ綺麗な画面がいいに決まってます。

皆様、ガラスコーティングのご依頼は機種変更など機器が新しいうちにした方が吉ですよ!

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です